仲介料契約

a8e50113b2ac954b21b423014d266657_s

仲介料契約の場合は個人契約と違い、家庭教師センターに料金を納め、その家庭教師センターから先生に指導料が払われる仕組みとなっています。

家庭教師センターが生徒と先生を管理し、より良い指導やサポートをしていくため、仲介料やカリキュラム費として料金が加算されます。

そのため、多少料金が高く設定されているのが特徴の1つです。

 

センターの数はたくさんあるので、どういう形態で指導してくれるのかをしっかり確認しましょう。

仲介料契約の長所
・仲介料、カリキュラム料を払う事で、指導のサポートをしてくれること。仲介料契約の最大の長所はこの1点にあります。

仲介料やカリキュラム料の家庭教師センターは、

先生に対してプリント類などがセンターから配布されます。

それを利用して指導状況をセンターに報告することで、生徒との指導状況を管理しています。

そのため問題があれば、センター側がサポートしてくれるので、

比較的安心して家庭教師の指導を受けることができます。

仲介料契約の短所
・基本的に統一した指導方法がないために、先生任せになっていること。家庭教師センターによって対応はそれぞれ違いますが、

フォローと言ってもセンターによっては指導状況の確認だけの所も多く、

家庭教師の研修を繰り返しやっている所はそれほど多くありません。

もし安心料としての仲介料を払っているようであれば、金額が大きく家計に負担になるのも短所の一つです。

他にも、完全に先生任せになっているセンターも中にはあるようなので、それだと当然、

指導方法の教育も大学生にされていない場合もあります。

仲介料契約の場合は、個人契約とは違うので、知識を持って、

しっかりセンター選びをしていくことが大切です。

 

 

Menu Title